ゆんゆ
愛犬の涙やけに悩んでてオイルコーティングさせていないドッグフードを探してるんだけど、どうやって見分ければいいのかな?

結論を言うと、ロイヤルカナンはオイルコーティングされています。

オイルコーティングとは、「ドッグフードの表面に油脂をふきつけること」です。

ロイヤルカナンに限らず、ほとんどの市販のドッグフードが食いつきを良くする目的でオイルコーティングされています。

オイルコーティングされたドッグフードは酸化しやすいのが特徴です。

そのため、オイルを酸化させないために酸化防止剤などの添加物を使うのが一般的です。

これが涙やけの原因になっているとも言われています。

本気で涙やけの改善を目指すなら、「オイルコーティング」がされていないドッグフードがおすすめです。

ドッグフードのオイルコーティングの有無を見分ける方法

ドッグフードがオイルコーティングされているかを見分ける方法はいくつかあります。

見分け方① まずは商品をチェックしてみよう!

  1. 触ると表面がベタベタしている
  2. 食いつきを良くするため匂いが強い
  3. 水に一晩つけておいても沈まない

まず、オイルコーティングされたドッグフードは表面を油脂でコーティングしているため艶があり、触るとベタベタしています。

食いつきを良くするための匂いづけも兼ねているので匂いも強くなっています。

また、表面を油脂でコーティングしているため、水を吸収しにくい特徴があります。

しかし、これらはドッグフードを購入してみないとわからない特徴です。

できるなら、購入する前に知りたいですよね?

見分け方② 原材料をチェックしよう!

ドッグフードの原材料に「動物性油脂」や「植物性油脂」と書いてある場合はオイルコーティングされていますので、原材料をチェックしてみましょう。

また、〇〇オイルなどと記載されている場合もオイルコーティングがされています。

しかし、一概にオイルコーティングされているから悪いというわけではなく、問題はセットで使われている酸化防止剤の種類にあります。

ロイヤルカナンで使われていたことでも有名な発がん性があるといわれている「BHA」や「BHT」などの危険とされる合成添加物が使われていないものを選びましょう。

通常、こちらの「BHA」や「BHT」も一定量を超えなければ発がん性の心配はなく、人間の食べ物にも使われていますが、心配は場合は「ローズマリー抽出物」などの自然由来の酸化防止剤が使われているドッグフードがおすすめです。

ですが、愛犬の「涙やけ対策」のためにドッグフードを選ぶ場合は、ノンオイルコーティングのものを選ぶのが鉄則です。

涙やけ対策にはノンオイルコーティングのドッグフードを選ぼう!

涙やけ対策には、以下のポイントに注意してドッグフードを選ぶことが大切になります。

  1. 無添加であること
  2. アレルギー対策がしてあること
  3. 消化しやすいドッグフードであること
  4. 腸内環境を整える食材が使われていること

涙やけには無添加のドッグフードを選ぼう!

涙やけ改善のためには、添加物が含まれているドッグフードは避けましょう。

ドッグフードの中には食いつきを良くするためや、賞味期限を伸ばすために必要のない添加物が使われていることが多々あります。

合成添加物は消化不良を起こしやすく、涙やけに繋がってしまう危険があります。

ドッグフードは、無添加・または自然由来の天然添加物が使われているドッグフードを選びましょう。

おすすめは人間が食べられる基準の規定を設けた「ヒューマングレード」のドッグフードです。

涙やけにはアレルゲンが含まれていない食材を選ぼう!

愛犬の涙やけ対策にはアレルギーが起こりやすい食材をあまり使ってないドッグフードを選びましょう。

食物アレルギーを発症することで目の炎症が起こり、涙や目やにが多くなることで涙やけに繋がってしまいます。

犬がアレルギーを引き起こしやすい食材は以下のとおりです。

犬がアレルギーを
  • 小麦
  • 鶏卵
  • 乳製品
  • 牛肉
  • 大豆

愛犬がアレルギーを持っている場合はアレルゲンを特定しておくことも大事なので、分からない場合は獣医さんに相談してみましょう。

涙やけには消化に良い食材を使ったドッグフードを選ぼう!

消化不良は体内に老廃物を溜め込むことで、涙やけの原因の1つになってしまいます。

主原材料は穀物ではなく、肉をつかっているドッグフードを選びましょう。

元々肉食の犬は肉の消化には時間がかかりませんが、穀物の消化にははとても時間がかかってしまいます。

良質な動物性のタンパク質をメインに使用している消化によいとされるドッグフードを与えることが理想的です。

涙やけには腸内環境を整えてくれる成分が入っている物を選ぶ

ドッグフードの原材料には、腸内環境を良くしてくれるオリゴ糖や食物繊維が多く含まれた食材が使用されているかもチェックしてみましょう。

オリゴ糖や食物繊維などは善玉菌と餌となり、腸内で善玉菌を増やす働きをし、善玉菌は悪玉菌の増殖を抑えお腹の調子を整えてくれます。

以上のことを踏まえて、おすすめしたいのが国産無添加でノンオイルコーティングの「Obremo」というドッグフードです。

30秒のフード診断で愛犬にぴったりのフードが分かる!

「Obremo」は、たった30秒のフード診断で愛犬にぴったりのフードを特定してくれます。

公式サイトの口コミでも、

  • 肉球舐めが改善した
  • 下痢や涙やけに効果があった
  • フードを食べない高齢犬が食べてくれた

などの喜びの声が寄せられています。

「Obremo」をおすすめする3つのポイント
  1. 健康維持をサポートする国産無添加のヒューマングレード食材
  2. ノンオイルコーティングで食物アレルギーに考慮したタンパク源
  3. 腸内環境を整える5000億の乳酸菌を配合した消化に良いフード

「Obremo」の魅力① 健康維持をサポートする国産無添加のヒューマングレード食材

「Obremo」は、保存料を使用していないので1袋800gになっています。

必要な時に開封できる食べきりサイズで、開封後も最後まで鮮度を保った状態を維持できます。

合成添加物不使用で、人間の食品と同じ水準の国内生産工場で製造されています。

「Obremo」の魅力② ノンオイルコーティングで食物アレルギーに考慮したタンパク源

「Obremo」は、油分の過剰摂取による皮膚トラブルを予防するために、人工的な香料などで風味付けするオイルコーティングを行っていません。

また、食物アレルギーを考慮して選べる鶏肉・馬肉・鹿肉の3種類の良質なお肉を使用しています。

フードに含まれるお肉は1種類だけなので、アレルギー症状が気になるワンちゃんも安心して食べることができます。

「Obremo」の魅力③ 腸内環境を整える5000億の乳酸菌を配合した消化に良いフード

乳酸菌の善玉菌を増やす作用で、腸内細菌に占める善玉菌の割合を増やして健康的なうんちをサポートしてくれます。

小麦アレルギーに配慮した8種類の穀物をブレンドし、犬が穀物を消化しやすい加水加熱調理法を採用しています。

人間が自身や家族の健康状態を考慮して食事を考えるのと同じように、愛犬に安心して与えられるドッグフードです。

愛犬の名前や犬種、年齢、体重、現在抱えている悩みなどの入力するだけで、愛犬にぴったりのドッグフードが30秒ほどで診断できます。

迷うことなく購入できるのも安心です!

ここじい
わしは、鹿肉フードがぴったりだったワン!

\ まずは無料で愛犬専用のフードを診断 /

愛犬にぴったりのドッグフードが30秒で分かる!

【まとめ】オイルコーティングを見抜いて良質なドッグフードで涙やけ対策しよう!

ロイヤルカナンはオイルコーティングされている?ドッグフードがオイルコーティングされているかの見分け方を解説してきました。

ロイヤルカナンに限らず、市販のドッグフードはほとんどの商品がオイルコーティングされています。

もちろんオイルコーティングが悪いわけではありませんが、「涙やけ対策」としてドッグフードを選ぶならノンオイルコーティングの良質なドッグフード一択です。

本気で愛犬の涙やけを改善したいなら、涙やけ対策としての基準を全てクリアしたドッグフードを試してみましょう!

\ まずは無料で愛犬専用のフードを診断 /

愛犬にぴったりのドッグフードが30秒で分かる!

おすすめの記事