モグワンとブッチの違いを比較しました!食いつきがいいのは?どっちがお得に購入できる!?
ゆんゆ
モグワンとブッチ、全く違ったドッグフードだけど、どっちも高品質のドッグフードだからきになるんだよね。

ドライフードの「モグワン」とウェットフードの「ブッチ」、どっちもそれぞれに魅力があって悩んでしまう方も多いはず!

この記事では、我が家の愛犬におすすめのドッグフードはどっちなのか、「モグワン」と「ブッチ」を4つの項目で比較しています。

ドッグフード選びの参考にしてみてくださいね。

モグワンvsブッチ!2つの違いを比較してまとめました

モグワン ブッチ
値段1.8kg 4,356円(税込)特別お試し価格3,000円(税込)
主原材料チキン&サーモン・ブラック・レーベル
ビーフ33%、ラム25%、チキン18.5%
・ホワイト・レーベル
チキン80% 
・ブルー・レーベル
チキン 67%、フィッシュ(サバand/or マグロ)25%
添加物無添加グレインフリーグルテンフリー
人工添加物不使用
原産国イギリスニュージーランド
特長・全犬種対応、生後2カ月から
・ヒューマングレードの原材料を使用
・高たんぱくで食いつき抜群
・野菜と果物の量が豊富
・オメガ3脂肪酸が摂取できる
・95.2%が継続したいと回答
・人工添加物不使用&グルテンフリーの無添加で安心
・動物性たんぱく質最大92%の高たんぱくで低脂肪
・ウェットフードなのに与え方は簡単!
・環境規制が厳しいニュージーランド産

「モグワン」と「ブッチ」の共通点は、どちらも安全性が高いことにあります。

新鮮な素材を使った高たんぱくのドッグフードで添加物を使用していないので、安心して愛犬に与えることができます。

「モグワン」は食いつき抜群のドッグフードで、食べムラがあるワンちゃんにおすすめです。

「ブッチ」はウェットフードということで柔らかく、歯が弱ってきている高齢犬におすすめです。

モグワンvsブッチ!4つの項目で比較検証してみました

「モグワン」と「ブッチ」を以下の4つの項目で比較しています。

モグワンとブッチを4つの項目で比較
  1. 原材料
  2. 成分
  3. コスパ
  4. 食いつきの良さ

1.原材料で比較!どちらもチキンと魚の両方が摂れるドッグフード

モグワンブッチ
原材料チキン&サーモン56%(チキン生肉21%、生サーモン12%、乾燥チキン12%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモ、エンドウ豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、セイヨウタンポポ、トマト、ショウガ、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、メチルスルフォニルメタン(MSM)、コンドロイチン、ミネラル類(亜鉛、鉄、マンガン、ヨウ素)、ビタミン類(A、D3、E)、乳酸菌【ブラック・レーベル
ビーフ33%、ラム25%、チキン18.5%、2%以上~10%未満【フィッシュ(サバand/or マグロ)、野菜類(ニンジン、コーン、エンドウ豆)、大豆、ココナッツ、米(破砕・ゆで)】
【ホワイト・レーベル】
チキン80%、2%以上~10%未満【野菜類(ニンジン、コーン、エンドウ豆)、大豆、トウモロコシ種皮、米(破砕・ゆで)、フィッシュ(サバand/or マグロ)】 
【ブルー・レーベル
チキン 67%、フィッシュ(サバand/or マグロ)25%
2%以上~10%未満【米(破砕・ゆで)、ココナッツ】

「モグワン」も「ブッチ」もチキン(鶏肉)が多く使われていますので、チキンが好きなワンちゃんにおすすめです。

反対に、チキン(鶏肉)アレルギーを持っているワンちゃんは注意が必要です。

「モグワン」は、野菜と果物をたっぷりと使用し、ワンちゃんの足腰の健康をサポートするグルコサミン・コンドロイチンも摂取できますので、栄養バランスにとても優れています。

「ブッチ」は、高たんぱくでありながら低脂肪で高齢犬はもちろん、肥満に悩むワンちゃんにもおすすめできます。

どちらもお肉に加え、魚も摂取できるのが特長です。

2.成分で比較!たんぱく質なら「モグワン」低脂肪なら「ブッチ」

モグワンブッチ
たんぱく質27%以上10.5%以上
脂質10%以上8.0%以上
粗繊維4.75%以下1.0%以下
灰分9%以下3.1%
水分9%以下70%以下
エネルギー363kcal/100g116kcal/100g

「モグワン」はとてもたんぱく質が豊富です。

たんぱく質は健康な臓器や丈夫な骨の形成、筋肉の成長において欠かすことのできない重要な栄養素で、成犬が健康を維持するために必要なタンパク質の量は18%以上とされています。

しかし、この割合はドライフードの場合のため、水分を多く含むウェットフードでは異なります。

一般的に総合栄養食として販売されているものであれば、ガイドラインに沿った量を与えていれば、タンパク質不足になることはありません。

「ブッチ」は高たんぱくでありながらカロリーが低く低脂肪なので、ウェットフードは太りやすいと思いがちですが、太りぎみのワンちゃんにも安心して与えられます。

太りぎみのワンちゃんはおやつの与えすぎに注意しましょう。

3.コスパを比較!

モグワンブッチ
100gあたりの値段242円161円(定期)
125円(初回トライアルセット)

コスパは、「ブッチ」の方が優れています。

特に、「ブッチ」の初回限定トライアルセットは人気の3本セットが実質1本分無料の特別価格でお試しできます。

「モグワン」は、「ブッチ」に比べると100gあたりの値段は高くなってしまいますが、食いつきの良さと栄養面は定評があります。

4.食いつきの良さを比較

我が家のチキンが大好きな愛犬チワワは、「モグワン」の方が合っている様子でした。

というのも、ここじいは2022年7月現在13歳の高齢犬ですが、ウェットフードが苦手なんです・・・(苦笑)

「ブッチ」は最初は匂いを嗅ぎにくるものの食べてくれず、「モグワン」と一緒に与えて少しずつ食べてくれるようになりました。

「ブッチ」の口コミでは、「歯が弱くてドライフードの食いつきが悪くなっていた高齢犬も食べてくれた」というのもあったので、愛犬の好みによる違いも大きいと思います。

ここじい
わしは、まだまだウェットフードよりドライフードの方が好きだのう・・・
「ブッチ」も匂いは気になるんじゃが・・・

モグワンとブッチをおすすめする犬、しない犬

モグワン

ブッチ

・ウェットフードの方が好き
・高齢犬で歯が弱い
・フードの食いつきが悪くて悩んでいる
・新鮮なお肉や魚で栄養をバランス良く摂りたい

【まとめ】

「モグワン」と「ブッチ」を比較し、愛犬におすすめのドッグフードはどっちなのかを検証してきました。

おすすめの記事