犬のデンタルケアは、犬の健康を維持するために欠かせません。

犬の歯は、食べ物を噛んで消化するために重要ですが、歯が悪い状態になると、犬の体全体に悪影響を与えることがあります。

この記事では、チワワ犬のデンタルケアの必要性と年齢別おすすめグッズをまとめています。

当ブログは、どの年齢のワンちゃんでも無理なくデンタルケアができて、歯磨きの練習もしていける歯磨きジェル「ドクターデンタルワン」をおすすめしています。

※この記事には、PR広告が含まれます。

犬のデンタルケアの必要性

犬の歯は、年齢とともに汚れや黄ばみが出やすくなります。

特に、老犬は歯周病や歯肉炎が発生しやすく、痛みを感じることがあります。

歯を定期的に清掃することで、これらの問題を防ぎ、犬の舌や口内を健康的な状態に保つことができます。

また、犬の歯は噛み合わせが悪い場合、歯が折れたり歯根膿瘍が発生することがあります。

場合によっては、手術を必要とすることもあります。

そのため、早期に犬の歯を清掃することで、問題が大きくなる前に治すことができます。

犬のデンタルケアは、歯をブラッシングすることだけでなく、フロスや歯磨き粉を使用することもできます。

しかし、今まで歯磨きをしてこなかったワンちゃんには、負担が大きく嫌がってしまう場合があります。

そんな時でも、舐めるだけで無理なくデンタルケアできるのが歯磨きジェルです。

歯磨きジェルのおすすめはこちら!

歯磨きできるようにすることが大事!

犬が歯磨きをできるようにすることは、犬の健康を維持するためにも大切です。

犬の歯は、食べ物を噛んで消化するために重要ですが、歯が悪い状態になると、犬の体全体に悪影響を与えることがあります。

犬の歯は、年齢とともに汚れや黄ばみが出やすくなります。

特に、老犬は歯周病や歯肉炎が発生しやすく、痛みを感じることがあります。

歯を定期的に清掃することで、これらの問題を防ぎ、犬の舌や口内を健康的な状態に保つことができます。

歯磨きガムは、歯磨きが苦手なワンちゃんでも手軽に歯のケアができますが、弱点もあります。

犬の歯は意外ともろく、骨やひづめ、乾燥したアキレスなど硬いものを噛むと、臼歯が割れたり、犬歯が欠けたりしやすいです。

また、硬すぎる歯磨きガムは歯がくいこまないため、歯の根本の歯垢が取れないこともあります。

さらに、大きすぎるガムは口内を傷つけたり、丸飲みして消化管に詰まってしまう危険性もあり、ガムのサイズ選びはとても重要です。

高齢になると歯磨きガム自体を噛まなくなってしまうので、歯磨きの練習をしていくことが生涯を通じて歯を健康に保つ一番の近道になります。

チワワ犬に歯磨きガムを与える頻度&ベストな回数とタイミングはこちら!

予防効果と即効性のあるデンタルケアのやり方

犬のデンタルケアには、予防効果と即効性のある方法があります。

予防効果のある方法としては、以下のようなものがあります。

  1. 歯磨き
    犬の歯を定期的にブラッシングすることで、歯垢や汚れを除去し、歯周病や歯肉炎の発生を防ぐことができます。歯磨き用のフロスや歯磨き粉を使用することもできます。
  2. 歯科医師へのアドバイス
    犬の歯を定期的に科学的に清掃することで、歯垢や汚れを除去し、歯周病や歯肉炎の発生を防ぐことができます。また、歯科医師からアドバイスを受けることで、犬の歯健康状態を管理することができます。

即効性のある方法としては、以下のようなものがあります。

  1. 歯の痛みを和らげる薬
    歯の痛みを感じている犬には、歯の痛みを和らげる薬を与えることができます。
  2. 歯の治療
    犬の歯が折れたり、歯根膿瘍が発生している場合は、歯を治療することが必要です。歯の治療は、歯科医師によるプロフェッショナルなケアが必要です。

犬のデンタルケアは、歯を定期的に清掃することで、犬の健康を維持し、必要に応じて即効性のある治療を行うことができます。

犬の歯の健康状態は、犬全体の健康状態に大きな影響を与えるため、注意することが重要です。

チワワにおすすめデンタルケアグッズ

チワワにおすすめのデンタルケアグッズの種類は、以下のようなものがあります。

歯磨きの練習をしていく上では「歯磨きジェル」がおすすめですが、もっと手軽にデンタルケアをしたい場合は参考にしてみてください。

犬のご飯にかけるデンタルケアふりかけ

犬のご飯にかけるデンタルケアふりかけは、犬の歯を定期的に清掃することで、歯垢や汚れを除去し、歯周病や歯肉炎の発生を防ぐことができます。

おすすめなのは、小型犬専用の「このこのごはん」で有名な「コノコトトモニ」が販売する「このこのふりかけ」です。

ご飯にかけるだけで、手軽にワンちゃんの歯のデンタルケアができ、歯磨きを嫌がるワンちゃんや歯磨きガムを食べないワンちゃんにおすすめです。

水に混ぜるデンタルケア液体

犬の水に混ぜるデンタルケアは、犬の歯を定期的に清掃することで、歯垢や汚れを除去し、歯周病や歯肉炎の発生を防ぐことができます。

水に混ぜるタイプの口臭ケアは、犬猫用液体歯磨き「リデンタウォータープラス」がおすすめです。

成分精製水 ハーブオイル ユッカ抽出物 安息香酸ナトリウム(1%未満)
使い方500〜800MLでキャップ1杯分(5cc)
250MLでキャップ半分(2,5cc)を飲水に混ぜて使います。

※敏感な猫用はミント成分がより感じられないよう特殊な配合にしております。
※PRO用は 通常で効果のなかった口臭の強いペット、老犬、老猫さんにおすすめです。

犬猫用液体歯磨き「リデンタウォータープラス」の効果は以下の通りです。

・短期間でさわやかな息へ 
・病気に負けない口内環境を育てる 
・歯石や歯垢をケア 
・簡単ケアで継続使用できる 
・天然由来成分で安心
・類似商品より水に入れる量が少ないので長持ち

水に混ぜるデンタルケアは、犬の歯を定期的に清掃することで、犬の健康を維持することができるのでおすすめです。

しかし、口臭を予防する効果はありますが、歯垢や歯石を除去する面では速攻性は少ないです。

チワワのデンタルケアはいつから?

チワワのデンタルケアは、できるだけ早い段階から始めることが望ましいです。

小型犬には、歯周病にかかりやすい傾向があるため、歯を定期的に清掃することが重要です。

チワワのデンタルケアは、次のようなタイミングでスタートすることをおすすめします。

  1. 育成期
  2. 子犬期
  3. 成犬期

1. 育成期

チワワが生まれたばかりの育成期は、歯を磨くことを好むようになると言われています。

そのため、育成期から歯磨きグッズやフロスを使用して、歯を磨くことを覚えさせることができます。

2. 子犬期

チワワが子犬期に入ると、歯が生え始めます。

子犬期からデンタルケアをスタートすることで、歯を健康的に育てることができます。

3. 成犬期

チワワが成犬期に入ると、歯がすべて生えるようになります。

成犬期からデンタルケアをスタートすることで、歯を健康的に維持することができます。

上記のようなタイミングでデンタルケアをスタートすることをおすすめします。

また、歯周病や歯肉炎の症状が出た場合は、すぐに歯科医師に相談することが重要です。

特に、老犬で歯周病がひどい場合は動物病院を受診することが大切です。

しかし、老犬でもできるデンタルケア はあります。

チワワの年齢別おすすめのデンタルケアを紹介します。

子犬におすすめのデンタルケア

子犬におすすめのデンタルケアは、次のようなものがあります。

まだ歯が生え変わっていない子犬は、痒がったり疼いたりするので、おもちゃや歯磨きガムがおすすめです。

おもちゃ

おもちゃは遊びながらデンタルケアができるので、遊びたい盛りの子犬におすすめです。

created by Rinker
ペットキッス (PETKISS)
¥2,380 (2024/04/18 13:16:36時点 Amazon調べ-詳細)

歯磨きガム

created by Rinker
ライオン
¥243 (2024/04/18 23:55:01時点 Amazon調べ-詳細)

成犬におすすめのデンタルケア

成犬におすすめのデンタルケアは、次のようなものがあります。

歯磨きガム

歯磨きジェル

老犬におすすめのデンタルケア

老犬におすすめのデンタルケアは、次のようなものがあります。

犬のご飯にかけるデンタルケアふりかけ

犬のご飯にかけるデンタルケアふりかけは、犬の歯を定期的に清掃することで、歯垢や汚れを除去し、歯周病や歯肉炎の発生を防ぐことができます。

このこのふりかけ

おすすめなのは、小型犬専用の「このこのごはん」で有名な「コノコトトモニ」が販売する「このこのふりかけ」です。

ご飯にかけるだけで、手軽にワンちゃんの歯のデンタルケアができ、歯磨きを嫌がるワンちゃんや歯磨きガムを食べないワンちゃんにおすすめです。

プロバイオD

出典:プロバイオD公式サイト

もっと本格的に愛犬の歯のケアがしたいという飼い主さんには、口腔善玉菌のペット専用お口ケア「プロバイオD」がおすすめです。

「プロバイオD」は、獣医師の97%が推奨するデンタルケアで全国の動物病院で採用されています。

おすすめの理由は、「効果を実感するのがとても早いこと」です。

「プロバイオD」を愛犬に使用した8割の飼い主さんが、口臭と歯垢ケアの効果を3日で実感しています。

また、人間に使用するレベルの優れた品質の原材料で、殺菌剤による耐性菌リスクが少なく、ワンちゃんに負担がかかりません。

お口のケアは、愛犬の身体全体の健康を左右するほどに大切ですので、手軽にできる本格的な口腔ケアとして、多くの飼い主さんに親しまれています。

水に混ぜるデンタルケア液体

犬の水に混ぜるデンタルケアは、犬の歯を定期的に清掃することで、歯垢や汚れを除去し、歯周病や歯肉炎の発生を防ぐことができます。

水に混ぜるタイプの口臭ケアは、犬猫用液体歯磨き「リデンタウォータープラス」がおすすめです。

成分精製水 ハーブオイル ユッカ抽出物 安息香酸ナトリウム(1%未満)
使い方500〜800MLでキャップ1杯分(5cc)
250MLでキャップ半分(2,5cc)を飲水に混ぜて使います。

※敏感な猫用はミント成分がより感じられないよう特殊な配合にしております。
※PRO用は 通常で効果のなかった口臭の強いペット、老犬、老猫さんにおすすめです。

犬猫用液体歯磨き「リデンタウォータープラス」の効果は以下の通りです。

・短期間でさわやかな息へ 
・病気に負けない口内環境を育てる 
・歯石や歯垢をケア 
・簡単ケアで継続使用できる 
・天然由来成分で安心
・類似商品より水に入れる量が少ないので長持ち

歯磨きジェル

老犬のデンタルケアには、上記のようなものがあります。歯を定期的に清掃することで、犬の健康を維持することが

まとめ

チワワのデンタルケアの必要性と年齢別おすすめグッズをまとめてきました。

デンタルケアのおすすめはたくさんありますが、やはりしっかりと歯磨きの練習をしていけて、歯垢や歯石に対して早期にケアできる「歯磨きジェル」がおすすめです。

愛犬に合った歯磨きジェルを比較して決めたい方は、下記の記事も参考にしてみてくださいね。

チワワ犬におすすめの歯磨きジェル4選!舐めるだけのデンタルケア

おすすめの記事